マンガネタバレ感想

ゴッドオブブラックフィールド【102話】ネタバレ感想「京極の会わせたい人」

マンガネタバレ感想

マンガ「ゴッドオブブラックフィールド」102話のネタバレ感想です。

前話あらすじ

恭弥に恨みを持つデイビッドは警察に手をまわし、次なる仕返しを企てるのですが、謎の男によって失敗に終わるのでした。

恭弥を助けた男の正体とは…。

ゴッドオブブラックフィールド(ピッコマ)

ゴッドオブブラックフィールド【102話】ネタバレあらすじ

謎の男の正体は?

麻布西警察署にて、メガネをかけた謎の男にお礼を言い、誰なのかを訪ねる恭弥。

すると男は自分のことをただの公務員だと答えました。

詳しい話を車の中でしようと恭弥を誘導する男でしたが、相手の素性が知らないため、恭弥は車に乗ることを拒みました。

すると、男は京極の名前を出しました。

どうやら京極が会わせたいと言っていた人物はこの男だったようです。

それを知ると、恭弥の中で警戒心が解かれていきました。

にゃんこ
にゃんこ

謎の男が恭弥にとって敵じゃなくて安心した!

京極の戦友

京極が入院している一室にて、恭弥は男から名刺を受け取り、男の名前と素性を知りました。

男の名前は黒川尚人で、京極の自衛隊時代の戦友だと言います。

内閣情報調査室に所属しているという黒川が、京極と親しげに会話をしているのを見て、自分とダエルの関係と似ていると感じるのでした。

黒川は恭也に内密の話があると言うと、自分が知ればダエルにも伝わることを伝え、それでもいいのか了承を得ます。

黒川は、ダエルが恭弥にとって戦友だと聞き、内密の話について了承するのでした。

ぺんぎん
ぺんぎん

恭弥ってダエルに対して絶対的な信頼を寄せているんだね!

黒川からの内密の話

黒川から、「ヨーロッパの覇権を握ろうとフランスが動き始めている」と聞くと、恭弥はすでにこの情報をキャッチしていたようです。

フランスがヨーロッパの覇権を握るためにヨーロッパ各国からロシアを横切り、ユーラシア大陸を横断する、超大規模な鉄道プロジェクトが動いていました。

その名も、「Licorne」(フランス語でユニコーン)

黒川はユニコーンのボスがラノックだという事を話し、さらにこのプロジェクトにおける懸念点について話し始めました。

北朝鮮の内部にはプロジェクト賛成派(ロシア支持)と反対派(中国支持)がいて、トップに立つ人物はどっちが得かを見極めるため、立場を表明していないと言います。

京極は、ラノックと交渉できる日本人がいないため、恭弥に交渉役を頼みました

恭弥は交渉役になる頼みごとを拒みますが、黒川から脅しと説得が始まります。

それと引き換えに黒川は恭弥に、ドラマ放映権や特例での大学入学許可、多額の予算割り当て、あらゆる刑事責任を不問にするなど、さまざまな条件を持ち出し、更には利用上限のないカードを渡されました。

反ラノック派を一掃した恭弥とフランス大使との関係性について各国からの注目されているという話も聞き、京極からは平凡な暮らしにはもう戻れないとも言われます。

何を言われても拒み続ける恭弥でしたが、どのみち恭弥は自身が狙われていることを自覚し、頼みごとを聞くことで黒川が昇進すると聞くと、仕方なく頼みごとを聞き入れることにするのでした。

にゃんこ
にゃんこ

自分ではなく誰から得をすることを聞くと動くことから、恭也の人柄を感じるな~。

ゴッドオブブラックフィールド【102話】感想

デイビッドの恭弥への復讐はまたしても失敗に終わりましたね。

警察から解放され、謎の男の正体が分かった恭弥でしたが、今度は、大々的な鉄道ブロジェクトについて、ヨーロッパと日本(中国や北朝鮮に近い国)との交渉役を引き受けることに!

黒川いわく、ラノックはとても警戒心が強く、誰にも心を開いたことはないそうです。

しかし、一度心を開いた人には大きな信頼を寄せるようですね!

ラノックの心をつかめば大きな権力が手に入るんだなと思ってしまいました。

恭弥がその後どんな風にラノックに対して交渉するのかが楽しみですね。

恭弥が次に相手にするのは中国をバックにした北朝鮮!

今度の強敵にも注目ですね。

あべのぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました