マンガネタバレ感想

ゴッドオブブラックフィールド【101話】ネタバレ感想「デイビッドの仕返しに恭弥が逮捕?」

マンガネタバレ感想

マンガ「ゴッドオブブラックフィールド」101話のネタバレ感想です。

前話あらすじ

ついにデイビッドと薫に対しての復讐を果たすことが出来た恭弥たち。

今までずっと薫に怯えていた愛子でしたが、今回の一件で薫への恐怖がなくなり気持ちが晴れました。

一件落着かのように思えたのですが、デイビッドは恭弥に対してまだ何かを企んでいるようです。

ゴッドオブブラックフィールド(ピッコマ)

ゴッドオブブラックフィールド【101話】ネタバレあらすじ

ラノックからの連絡

恭弥が夜の車道を走っている中、ラノックからの連絡が来ました。

耳にイヤホンをして受信し、恭弥は車の中でラノックと通話をします。

オフィスの椅子にゆったりと腰掛け、リラックスして電話しているラノック。

ラノックは近日中に日本に来日することを伝え、食事のお誘いをします。

ラノックからの誘いに、何かあると恭弥は鋭く直感するのでした。

取り敢えず、ラノックからのお誘いを快く承諾し、通話が終わりました。

ぺんぎん
ぺんぎん

ラノックからの連絡ってその後の展開に大きく関係しそう…。

京極が紹介したい人

翌朝。

ベッドボードに置いたスマホに京極からの連絡が来ます。

京極は恭弥に紹介したい人がいるようで、時間が取れたら病院に来てほしいと言いました。

にゃんこ
にゃんこ

京極の隣にスーツを着た何者かの姿が!合わせたい人ってこの人?

通話を終えると、恭弥は京極が待つ病院へと向かうのでした。

恭弥が逮捕?

京極が待つ病院に向かう道中、警察から電話がかかってきました。

「麻布西警察署の剛田だ。お前には傷害の疑いがかかっている。署まで来てもらおう」

剛田からの連絡に、デイビットに告げ口されたことを恭弥はすぐに直感しました。

剛田の物言いにイチャモンをつける恭弥でしたが、「口答えするな、とにかくすぐに来い」と言われます。

用事をすませたあとでいいですか?

「ふざけるな。強制逮捕されたいのか」

剛田は恭弥の意見を聞き入れることはなく、彼とのやり取りに面倒になった恭弥はすぐに向かうことを了承し、通話を終わらせました。

京極に連絡し遅れる旨を伝えますが、先にこっちに来てほしいと言われます。

紹介したい人は多忙な人のようですね。

しかし、剛田とのやり取りについて説明すると、恭弥は警察へと向かうのでした。

恭弥の前に現れる謎の男

剛田は、鍛えた体にいかつい形相の男でした。

「学生が傷害事件なんかしでかしやがって」

横柄な態度で恭弥を罵倒する剛田に対し、恭弥は冷静な態度で聞き返しました。

「オレが何したっていうんです?」

剛田いわく、アリオンに不法侵入し、デイビットと薫をバッドで暴行し、防犯カメラを破壊して逃走したと言います。

デイビッドがそういったのかと尋ねる恭弥。

「しらばっくれようとしても無駄だ」

「捜査もせず、証拠もないのに、どうしてオレがやったと?」

恭弥がそう聞くと、剛田は「証拠はボコボコになった2人の顔だ」と言います。

ぺんぎん
ぺんぎん

それだけで防犯カメラ壊した証拠にはならないよね

恭弥は冷静に「まずは捜査してください」「弁護士に連絡します」と言いました。

しかし剛田は聞く耳を持たず、恭弥を留置所送りにしようとします。

デイビッドが警察を買収したのだろうと恭弥が悟ったそのときでした。

恭弥たちの前に所長とメガネをかけたスーツ姿の男がやってきます。

剛田は敬礼してビシッと挨拶すると、署長はすぐに剛田を一括!

さらに、操作もロクにせずにデイビッドの供述だけで判断していた剛田を所長は厳しく叱りました。

青ざめる剛田に声を荒げる所長を、スーツ姿の男が止めます。

署長は振り返り、「失礼しました」と恐縮すると、恭弥に丁寧にお詫びの言葉を言い頭を下げてきました。

この件は署長に一任することになりましたが、いきなりの展開に恭弥はビックリしています。

そして、恭弥が外に出た後、中からは剛田を諫める署長の怒鳴り声が鳴り響いていた。

廊下を歩きながら、恭弥はスーツ姿の男にお礼を口にし、相手が誰なのかを尋ねるのでした。

にゃんこ
にゃんこ

この人何者なんだろう~。

ゴッドオブブラックフィールド【101話】感想

ギャングを集めても恭弥に勝つことが出来なかったデイビッドが次に頼ろうとしたのはまさかの警察!

前回の連絡は、警察の剛田にしていたんですね。

恭弥をただの高校生と思い、不遜な態度に留置所送りにしようとしましたが、タイミングよく所長が登場し、恭弥は留置所送りにならずに済みました。

署長は、恭弥に対し剛田の非礼を丁寧な態度で詫びていますが、恭弥がどれほど凄い人物なのかを知っているようですね。

署長と一緒にいた謎の男は、京極が会わせたいと言っていた人と同一人物なのでしょうか。

角形のメガネをかけているあたり、武闘派というより頭脳派っぽいイメージに感じますが、署長より立場が上の人?と思わせる描写が描かれていました。

彼は今後、恭弥とどんな風に関わってくるのでしょうか。

あべのぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました