無能な継母ですが、家族の溺愛がとまりません!【感想レビュー】

無能な継母ですが、家族の溺愛が止まりません!【47話】ネタバレ感想「ウィルバートの悩み」

無能な継母ですが、家族の溺愛がとまりません!【感想レビュー】

マンガ「継母ですが、家族の溺愛が止まりません!」47話のネタバレ感想です。

前話あらすじ

エルシャの誕生日パーティーが行われ、ロルフと心の距離が縮まって。

無能な継母ですが、家族の溺愛が止まりません!【47話】ネタバレあらすじ

男性二人がエルシャとアイスベルグの定時連絡のため、陛下の部屋へ入室した。

エルシャが大奥様から指輪をもらったことを伝えると、驚く皇帝。皇帝はアイスベルグを許さぬと言い放った。

一方アイスベルグでは、誕生日パーティーも終わり、以前の日常が少しづつ戻ってきていた。

4人で食事をしていると、ウィルバートの様子がおかしいことに気づくエルシャ。

エルシャが体調を気にすると後ずさりし、ロルフが心配をして声をかけると驚くウィルバート。そのまま、食卓を後にするウィルバートだった。

一人廊下を走るウィルバート。なぜなら、一人では解決できない悩みを抱えてしまったからだ。

誰に相談するかを考えていると、以前街で雪合戦をしたクリス達を思い出す。そんな中、ふと窓を見るとクリスがウィルバートに手を振っていた。

無能な継母ですが、家族の溺愛が止まりません!【47話】感想

今まであまり、皇帝側の描写がなかったのですが、ついに動きがありました。なんとも不穏な雰囲気で始まりでしたね。

「男性二人は誰?」「なんでこんな詳細にアイスベルグ家での出来事を知っているの?誰かスパイとかいるのかなぁ。」「エルシャは何も知らなそうだけど、何かしら意味はあったの?」と頭に疑問ばっかりが浮かびました。

エルシャが大奥様から指輪をもらったことに、皇帝が驚いていました。

なにか、皇帝にとって大きな意味があるものなのでしょうか?ストーリーが進み、意味が分かるタイミングが楽しみです。

皇帝がなぜあんなにもアイスベルグへ怒りを持っているかも、気になりポイントでした。

これから、アイスベルグに不穏な出来事が訪れる予感がプンプンします。

エルシャがロルフ・ウィルバート・ヒュー3人を含め、アイスベルグ家のみんなと仲良くなってきているのに、「や、やめてぇ」と心の悲鳴がもれました。

ぺんぎん
ぺんぎん

皇帝、どれほどの怒りを秘めているんだろう。。。

4人で食事をしているときに、エルシャとロルフが言葉を交わします。その時のロルフの表情の変化ったらもうですね、胸が「きゅっ」ですよ「きゅっ」。

自分は学生時代の、甘酸っぱい気持ちがよみがえってきました。

そしてそして、今回はウィルバートのご乱心具合とご乱心の理由がもう、たまりません!

いつもは、自分の感情をあまり表にださないウィルバートなのに、47話では全開フルオープンなんですよ。

相談する人を考えているときの思考も「うんうん!そうなるよねっ」と共感しながら、思わず「ふふっ」と笑ってしまいました。

にゃんこ
にゃんこ

ご乱心ながらも、冷静に考えていてすごいにゃ!

ウィルバートは、無事に悩みを解決できるのでしょうか。個人的には、今回以上にご乱心したウィルバートの姿がみたいな~と思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました