テレビ芸能

音月桂が韓国人と言われる理由は本名のせい?実家や結婚相手まとめ

テレビ

元宝塚・雪組トップスターの音月桂さん。

音月桂さんの現在の愛称は”KEI”ですが、昔は”キム“と呼ばれていたことをご存じですか?

キムって韓国っぽいですよね。
このことから「音月桂さんて韓国人?」と、音月桂さんと韓国の結びつきを思う人は多いようです。

調べてみると、この韓国人風の愛称は本名が由来なのだとか。

今回は、音月桂さんが韓国人と噂される理由や本名、実家から結婚相手まで大調査しました!

音月桂が韓国人は誤解!本名が原因?

音月桂さんの愛称が”キム”だったことから、音月桂さんが韓国人であるという誤解をしてしまっている方は一定数いるようです。

ですが、この”キム”というのは、音月桂さんの本名が由来しているのだそう。

音月桂さんの本名は”木村桂”というらしく、愛称の”キム”は”木村”からきているのだとか。

なんだか”キム”って確かに韓国っぽい名前ですが、由来が”木村”からきていると知ってしまうと、瞬間におじさんたちの呼び名っぽく聞こえてしまうのはなぜでしょうね。

音月桂さんは愛称を”キム”から”KEI”に変えています。

もしかすると、”キム”のおじさんっぽさが嫌だったのかもしれませんね。

音月桂の実家は金持ち?

宝塚音楽学校に入学する生徒のほとんどは資産家のお嬢さんだと言われているようです。

音月桂さんも例に漏れず、音月桂さんの実家はお金持ちなのでは?と思われている方が多いと思います。

宝塚音楽学校に資産家(お金持ち)が多い理由と、音月桂さんの実家はお金持ちなのか、調査しました。

宝塚音楽学校はお金持ちが多い

一般に、宝塚音楽学校に入学する生徒のほとんどは資産家のお嬢さんだと言われています。

そもそも、1919年(大正9年)創立の宝塚音楽学校の前身である宝塚音楽歌劇学校は、3年生の私学です。

当時、宝塚市をはじめとする関西圏には名門校と呼ばれる学校がたくさんありましたが、どこも男子校が多く、裕福な家庭のお嬢さんたちの進学先は数えるくらいだったようです。

当時の裕福な家庭のお嬢さんたちが進学する学校というと、「良妻賢母」を掲げる女学校ですよね。

そこで、舞台人として、さらには1人の女性として舞踊や茶道、礼儀などをしっかり教えてくれるという宝塚音楽歌劇学校に、裕福な家のお嬢さんたちが花嫁修業の場としても入学するようになったと言われているそうです。

現在の宝塚音楽学校も、資産家のお嬢さんが多いと思われている方は多いと思います。

宝塚音楽学校の生徒は、一部資産家ではない一般家庭の生徒もいるそうですが、ほぼほぼ資産家のお嬢さんであることは間違いないでしょう

というのも、宝塚音楽学校入学後の費用は、授業料などの学費のみだけなら特別高いわけではないのですが、個人レッスン代がかなりかかるそうです。

宝塚音楽学校の学費
授業料月額 5万円(2年間120万円)
入学金等入学金20万円、教育施設費25万円、雑費3万円(入学時に納付)
入寮費月額 15,000円(自宅から通学できない生徒は入寮。入寮時に3か月分を前払いで納入、以後は学校指定月に自動引き落とし)

※その他入学時に購入していただく物
制服、靴、式服用緑の袴、レオタード類、ジャージ、楽譜などの教材

出典:宝塚音楽学校HP

音月桂の実家はお金持ち?

宝塚音楽学校へ入学する生徒の実家は、その多くが資産家だと言われていますが、一部には一般家庭の生徒もいるそうです。

音月桂さんも例に漏れず、音月桂さんの実家はお金持ちなのでは?と思われている方が多いと思いますが、

実は、音月桂さんの実家は、宝塚音楽学校では少数派の一般家庭である可能性があります。

ヤフー知恵袋の回答で「音月桂さんの実家はお金持ち出身ではない」という記述を発見しました。

音月さんはお金持ち出身ではありません。 彼女のお父様と同じ職業なので収入は大体わかります。 一般のサラリーマン並みです。 大都会の一流企業よりはぐっと低いです。

ヤフー知恵袋

音月桂さんの実家についての情報はほぼなく、この回答者さんがどういったところから、音月桂さんの父親の職業を知ったのかはわかりません。

ですが、回答者さんと音月桂さんの父親は同じ職業で、一般サラリーマン並みの収入であるということだそうです。

サラリーマンの平均給与は567万円だそうですから、音月桂さんの実家が一般的なサラリーマン家庭だとすると、年収はこれくらいということになります。

音月桂の結婚相手は松下洸平?!

これまで、これといって熱愛報道もなく、まさしく”清く正しく美しい”音月桂さんですが、結婚相手に俳優の松下洸平さんが挙がっているとの情報があります!

どうやら、2007年より音月桂さんと松下洸平さんが交際の匂わせをしているようです。

  • お互いのインスタに同じ画像を投稿
  • インスタに投稿された画像の背景が同じ

熱愛の報道もない状態ではありますが、インスタへの投稿のタイミングや同じ画像を使用していること、画像の背景など、
交際を匂わせているかのような行動は、現在も音月桂さんと松下洸平さんの交際を思わせています。

さらに、期間も2007年からと長いため、音月桂さんの結婚相手は松下洸平さんでは?と噂されているようです。

音月桂さんも松下洸平さんも、理想のタイプは「価値観の合う人」「自然体でいられる人」だそうですから、内面もしっくりきて、結婚相手にはもってこいなのかもしれませんね!

もちろん、美男美女で外面もお似合いです!

音月桂が韓国人と言われる理由は本名のせい?実家や結婚相手まとめ*まとめ

今回は、音月桂さんが韓国人と噂される理由や本名、実家から結婚相手まで調査しました。

音月桂さんの韓国人の名前のような愛称”キム”は、音月桂さんの本名「木村桂」の木村が由来していると言われていますので、音月桂さんは韓国人というのはデマのようです。

一般に、宝塚音楽学校にはお金持ちのお嬢さんが多いと言われていますが、一部には一般家庭の生徒もおり、音月桂さんは一般的なサラリーマン家庭出身であったと思われます。

音月桂さ俳優の松下洸平さんは、2007年から交際しているとされており、現在も交際は順調と目されていることから、音月桂さんの結婚相手は松下洸平になる可能性がありそうです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました