ニュース

鹿児島県警不祥事隠ぺい疑惑「出世のために自己保身」時系列まとめ

ニュース

5日、警察の内部資料を第三者に漏らした疑い逮捕された、県警の前生活安全部長・本田尚志(ほんだ たかし)容疑者(60)。

本田尚志容疑者は「流出させた情報は現職警察官の不祥事をまとめた資料だった」「警察の不正を県警本部長が隠ぺいした」と訴えたことで、野川明輝本部長の不祥事隠蔽疑惑が挙がっています。

野川明輝本部長は報道陣の取材に応じましたが、不祥事隠蔽について肯定も否定もしませんでした。

【時系列まとめ】鹿児島県警不祥事隠ぺい疑惑

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240606/k10014472521000.html

4月8日 曽於警察署の巡査長が捜査資料の漏洩で逮捕

一部ウェブメディアが2023年10月と2024年3月に、マスキング加工した警察の機密情報をインターネット上に掲載したことを受け、情報漏洩が発覚。

捜査情報など職務上知り得た秘密を漏らしたとして、曽於警察署の巡査長(49)が逮捕されました。

①2023年6月12日、県内またはその周辺で、自身のスマートフォンのメッセージアプリを使って、個人1人分の犯罪経歴情報を第三者に送信。

②2024年3月11日には告訴、告発事件の処理経過を管理する文書(「告訴・告発事件処理簿一覧表」)を印刷した紙数十枚を同じ第三者に郵送。

5月31日 前・生活安全部長が県警の不祥事資料を漏洩で逮捕

https://news.yahoo.co.jp/articles/f93980c1f13de53b82f613b26434c7618cf97e41

前・生活安全部長の本田尚志(ほんだ たかし)容疑者は、退職後の3月下旬に、職務上知り得た個人情報などを含む機密情報を第三者に郵送し漏洩させたとして、5月31日に逮捕されました。

本田尚志容疑者が流出させた内部文書は曽於警察署の巡査長の漏洩事件の関係先から見つかっています。

6月5日 勾留理由開示請求にて「県警本部長の隠蔽」を訴え

https://news.yahoo.co.jp/articles/f93980c1f13de53b82f613b26434c7618cf97e41

勾留理由開示請求が鹿児島簡易裁判所で行われ、本田尚志容疑者が漏洩させた情報は現職警察官の不祥事をまとめた資料だったことが判明しました。

流出した情報は現職警察官の不祥事資料
  • 霧島署の警察官が市民にストーカー行為を行った
  • 枕崎署の32歳の巡査部長が、捜査車両を使って盗撮行為を繰り返していた(6月3日に起訴)
  • 一般市民の提供した情報をまとめた「巡回連絡簿」を悪用した警察官による犯罪があった

本田尚志容疑者は「不祥事をまとめた文書を記者に送ることにした」と述べ、野川明輝県警本部長がこれらの不祥事を隠ぺいを図ったと告発しました。

6月6日 県警本部長「隠蔽疑惑否定せず」

https://news.yahoo.co.jp/articles/f93980c1f13de53b82f613b26434c7618cf97e41

午後5時半頃に取材に応じた野川明輝本部長は、本田尚志容疑者の訴え(不祥事隠蔽)に対し、肯定も否定もせず、数分で立ち去りました。

鹿児島県警不祥事隠ぺい告発は「勇気ある行動」ヤフコメ称賛の嵐

本田尚志容疑者の告発と野川明輝本部長の応答を受け、ヤフコメでは本田尚志容疑者の訴えを「勇気ある行動」と称える声が多く上がっていました。

また鹿児島県警の権力者への忖度を告発する投稿(※真偽不明)や野川明輝本部長の立場についての投稿が寄せられ、キャリア官僚の昇進システムに疑問が呈されています。

前生活安全部長、本田尚志氏勇気ある行動です。
キャリアの野川本部長自身の在任中に県警内で不祥事があれば自身の出世に影響する。
いわば自己保身を優先したのだ。全国の県警でよくある事案だ。
一般人が盗撮で検挙されたら当然実名で報道される。警察官だと野川本部長みたいにもみ消す。身内への甘さは今に始まったことではない!
そもそも公務員には「刑事訴訟法第239条2項 告発の義務」が有る。機密漏洩ではない。むしろ本田氏の行動に正義がある。
警察庁も身内に甘い。
本田尚志を悪者にしてこの事案を終わらせてはならない!

鹿児島の警察は闇が多い。

ある芸人が語っていたエピソードを思い出す。友人が鹿児島でスピード違反で停められた。だが、免許を出したとたん、警官の態度が急に変わって、見逃してもらった。その友人がいうには、おれの苗字をみておじけづいたんだろうとのこと。彼の先祖は警察の創設に深くかかわった人物だという。

これは又聞きの話ではなく、その芸人さんは助手席で、一部始終を見ていたというから、信憑性も高いのではと思う。

県警の本部長はキャリアのエリート官僚。2,3年で人事異動があり異動するたびに偉くなっていくシステムです。
だから自分がいる2,3年の間、何かを成し遂げるとか改革をするとかではなく、とにかく不祥事など何事もなく過ぎて行くことを望んでいるわけです。
だから何か不祥事があればまず隠ぺいしようとする。彼らは自分のキャリアに傷が付くのを最も恐れるわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました