ニュース

3歳児転落事故タワマン「県最高層タワーマンション」千葉市美浜区

tawamantenrakujikoニュース

2日午後2時ごろ、千葉市美浜区若葉にあるタワーマンションで3歳の男の子が転落した事故がありました。

マンションは48階建てで、男の子は25階から転落したものとみられます。

本記事では事故現場となったタワマンが幕張ベイパークスカイグランドタワーであると特定しました。

3歳児転落事故タワマン「幕張ベイパークスカイグランドタワー」千葉市美浜区

午後2時15分ごろ、千葉市美浜区若葉にあるタワーマンションの1階の屋根の部分に人が倒れていると消防に通報があった。

倒れていたのは3歳の男の子で、48階建ての25階から転落したという。消防によると意識や呼吸はないという。(ANNニュース)

Yahoo!ニュース

報道によると、3歳の男の子は48階建てタワーマンションの25階から転落したとのことです。

転落事故現場となったタワーマンションの映像も公開されています。

tawamantenrakujiko

千葉県内に48階建ての高層マンションは珍しいです。

周りに見える建物が小さく見えてしまうほど、このタワーマンションは大きいです。

また公開された映像左手に見える緑地公園は若葉3丁目公園だと考えられることから、転落事故現場となったタワーマンションはおそらく「幕張ベイパークスカイグランドタワー」だと思われます。

tawamantenrakujiko2
出典:homes
tawamantenrakujiko-chizu
Googleマップ
幕張ベイパークスカイグランドタワー

三井不動産レジデンシャルサービス株式会社が管理する、地上48階建て・総戸数826戸の千葉県で一番空に近い高級タワーマンション。2020年11月完成。

SUUMOには、幕張ベイパークスカイグランドタワー26階の部屋が掲載されていました。

tawamantenrakujiko3
SUUMO

3LDK、価格6280万円、専有面積75.76㎡、バルコニー面積13.82㎡

tawamantenrakuji5
SUUMO

ベイタウン方面を望む西向きの明るいリビングダイニング。床暖房付きです。

tawamantenrakujiko4
SUUMO

幕張海浜公園、東京湾を望む景色です。

26階からの眺望でもかなり高いことがわかります。

25階からの転落事故…3歳の子どもはひとたまりもありません。

【追記】転落3歳男児死亡確認

転落した3歳の男の子は搬送時、意識のない状態でした。25階からの転落とあって、生還は絶望的。奇跡を祈る声がネット上に溢れました。

しかし、奇跡を願う声は届くことなく、男の子の死亡が確認されました。

本当に痛ましい事故です。男の子のご冥福をお祈りいたします。

転落事故から想起「大阪4歳女児転落事故」2021年

今回の転落事故は、2021年10月に大阪北区で起こった転落事故を想起させます。

13日午前6時10分ごろ、大阪市北区与力町のマンションに住む男性から「女の子がエントランスの屋根に落ちている」と110番があった。転落したのはこのマンションの25階に住む女児(4)で、搬送先の病院で死亡が確認された。大阪府警天満署は女児が自宅のベランダから転落したとみて、詳しい状況を調べている。

同署によると、女児は母親(41)と妹(2)の3人暮らし。当時、母親と妹は自宅にいたが、女児の転落に気が付かなかったという。

近くの70代女性は「ゴトンと大きな音がしたので屋根の上を見ると、パジャマ姿の女の子があおむけで倒れていた。しばらくすると母親らしき女性が降りてきて、地面に座り込んで泣き叫んでいた」と話した。

(産経新聞)

2021年10月の転落事故が起きた大阪のマンションは26階建て。ベランダの柵の高さは1.2メートルほどありました。

ベランダの近くには木製の椅子があったことが報じられ、女の子は木製の椅子を使ってベランダを越えたとされています。

転落事故は今年も相次いでいます。

  • 5月・東京 江東区のマンションで、小学生の女の子が4階のベランダから転落して大けがを負う
  • 10月・東京 江戸川区の都営住宅で、12階の外廊下から4歳の男の子が誤って転落して死亡

転落事故が起こるたび、窓やベランダの手すり付近に足場になるようなものや、エアコンの室外機などを置かないよう注意の呼びかけがされています。

今回の幕張ベイパークスカイグランドタワーの転落事故の原因は何だったのでしょう。

3歳児転落事故原因「何者かに投げ飛ばされた可能性」

今回の幕張ベイパークスカイグランドタワーでの転落事故について、犯罪コメンテーターの秋山博康氏は次のようにコメントしています。

tawamantenrakujiko6

非常に残念な事案です。 お子様のご冥福をお祈り申し上げます。

しかし、果たして事故でしょうか。 当然、事件と事故の両面で捜査を開始します。ご遺体が発見された真上がお子様の部屋(ベランダ)であれば、そのベランダ越えで転落しています。

ベランダの現場検証と鑑識が非常に重要です。ベランダの足跡や素足痕がどちらの方向を向いているか、また、ベランダ転落防止の保護フェンスの上面の埃の取れ方が重要です

お子様が自分自身でベランダを乗り越えたものか、何者かが投げ落としたものか、綿密な現場検証と鑑識が必要です。

転落事故原因の可能性として

  • 男の子が自分でベランダを乗り越えた
  • 何者かが男の子をベランダから投げ飛ばした

以上のことを挙げています。

報道による住民の話ではマンションのベランダの柵の高さは、大人の胸の高さまであるということです。

また、同じマンションの別のフロアの小さい子どもがいる住人も「窓自体は重いので、子どもが簡単に開けられる重さではないかな」と話しています。

今後同様の事件を起こさないためにも、原因追及が求められます。

【11/3追記】3歳児転落事故原因「流行りのべランピング」放置されたキャンプ椅子

2日午後9時のYahoo!ニュースで追加の情報が報じられました。

2日午後2時15分頃、千葉市美浜区若葉の48階建てマンションで、25階から子どもが落ちたと住人から119番があった。消防隊員がマンション入り口の屋根の上に倒れている男児を発見し、病院に搬送したが死亡が確認された。

捜査関係者によると、亡くなったのはこのマンションに住む2歳の男児で、転落した当時、両親は外出しており、自宅に1人でいたという。ベランダにはキャンプ用の椅子が置かれていた。

 マンションの住人によると、ベランダの柵の高さは約1・2メートル。千葉県警は男児が柵を登って転落した可能性が高いとみて、詳しい状況を調べている。

Yahoo!ニュース

  • 亡くなった男の子は3歳ではなく2歳
  • 転落当時、両親は2歳の男の子1人置いて外出していた
  • ベランダの柵の高さは1.2メートル。キャンプ用の椅子が置かれていた

近年流行のべランピングで、キャンプ用の椅子をベランダに置いている家庭も多いのではないでしょうか。

男の子の平均身長は2歳の男の子で89.6㎝、3歳の男の子で96.9㎝です。

boy-heikinshintyo
出典:スクスクのっぽくん
0才67.8㎝8.0㎏6才116.7㎝21.8㎏12才152.9㎝45.4㎏
1才80.5㎝10.5㎏7才122.5㎝24.4㎏13才160.0㎝50.4㎏
2才89.6㎝12.7㎏8才128.1㎝27.7㎏14才165.5㎝55.4㎏
3才96.9㎝14.7㎏9才133.6㎝31.2㎏15才168.6㎝59.7㎏
4才103.5㎝16.6㎏10才139.1㎝35.1㎏16才170.1㎝61.2㎏
5才110.0㎝18.9㎏11才145.3㎝39.4㎏17才170.8㎝62.6㎏
男子の平均身長、体重一覧

身長90㎝ほどの男の子であれば、キャンプ用の椅子に乗ってしまえば軽々ベランダを超えてしまいますね。

キャンプ用の椅子は座面の高さが30㎝~40㎝ほどのものが多く、男の子が椅子の上に立てば、ベランダの柵と同じくらいの高さになります。

よじ登ってベランダを超えることが可能な高さです。

また、さまざまな専門家がこの転落事故について「危機管理の低さ」を指摘しています。「うちの子は大丈夫」という安易な考えは万が一を引き起こす可能性があることを肝に銘じたいですね。

tawamantenrakujiko-komento1

高層マンションが立ち並ぶようになってから、幼児の転落事故が頻繁に発生している。年齢別には2歳、3歳の転落事故が最も多いことがわかっている。

また、幼児の転落事故では、幼児がベランダに置かれた椅子などに乗り、ベランダの手摺りを乗り越えて落下するというパターンが多いことも明らかになっている。

今回の転落事故では事故が発生しやすい条件がすべてそろっており、通常であれば、2歳の幼児を1人残して両親が外出することはありえない。

行動経済学の「楽観バイアス(ポジティブな事象が起こる可能性を過大評価し、ネガティブな事象が起こる可能性を過小評価する傾向のこと)」が強く働いて、「うちの子は大丈夫」などとリスクを過小評価してしまい危機管理を怠った可能性もあるのではないか。

tawamantenrakujiko-komento2

大切なお子さんが亡くなられたご両親のお気持ちを考えると気の毒で本当にお辛いかと思います。お子さんのご冥福をお祈りいたします。

これだけニュースなどで事故が報道されても小さな子の転落死がなくならないのはやはりまさかという気持ちがあるからの様に思います。
車の事故や病気防犯も、もしかしたら?かもしれないといつも心配性なくらいな方が大事に至りません。

この事案も短時間でも1人は危険かも?この椅子よじ登るかも?のかもしれないが必要であった様に思います。

また子供は大人の発想を超えた行動をしますし意外に力も強い。椅子が無くても120センチ程であれば簡単によじ登ります。日頃からあらゆる事に気をつけ気にかけて危機を避けて頂きたいです。

tawamantenrakujiko-komento3

男の子のご冥福をお祈りします。
両親は外出中だったとのこと。「ちょっとの時間だからきっと大丈夫」という意識で、子どもを置いて外出するケースも少なくないようですが、その間に、地震が起こるなどもあります。子どもがお昼寝中でも、外出中い起きたときに親がいないことが分かれば、探そうとして自分で窓やドアを開けて外に出てしまうことも考えられます。

「海外では10歳以下の子を残して外出してはいけない」と法律で決めている国もあるほどです。親が一緒にいても、目を離したすきに自分で窓を開けてベランダに出たり、椅子に上ったり、自分で椅子や足場になるものを重ねて上ることもあります。窓に鍵をかけるのはもちろん、子どもが開けられないよう、手の届かない位置に補助錠を付けるなどの対策も必要です。

【11/8追記】タワマン転落事故原因「向こう側が見たかった」手すり登った可能性

8日のYahoo!ニュースで新たな情報が報じられました。

25階から転落してしまった2歳の男の子は、ベランダの手すりを支柱の部分などを使い、よじ登り転落した可能性があるとのことです。

tawamantenrakujiko-genin1
tawamantenrakujiko-genin2

以前の報道で報じられていた「ベランダに置かれたキャンプ用の椅子」は、ベランダの手すりからは離れた場所においてありました。

ベランダに置かれたキャンプ用の椅子を使い、柵の向こうへ転落したとは考えにくいということです。

tawamantenrakujiko-genin3

ベランダの柵について、興味深いコメントを発見しました。

「子どもは向こう側が見えないと、見ようとしてよじ登る」というものです。

tawamantenraku-genrain4

一級建築士の義弟が保育園を設計するときに、保育園園長から言われたのが、2階の手すりは必ず向こう側が見える柵にして欲しいとのこと。
子どもは向こう側が見えないと、見ようとしてよじ登って転落するからだそうです。
事故にあった子も、向こう側が見たかったのでしょうか。
悲しい事故です。

反論に「転落事故があったタワマンは柵に使われているパネルは向こう側が見える」というものがありました。

しかし、よくみるとベランダの柵に使われているパネルはダーク色で、向こう側が見えるとはいえ、色が邪魔をしている状態と言えます。

柵が視界の邪魔をしている状態は、柵の向こう側がよく見えていないことと同義ではないでしょうか。

”ちゃんと柵の向こう側が見たい” 男の子はそういう気持ちだったのかもしれません。

そもそも転落事故当時の状況がよろしくありません。

  1. 子ども一人自宅に置いて両親が出かけている
  2. ベランダの窓が開いている

この状況では子どもに何があってもおかしくはなく、実際転落事故に発展しています。

子どもを一人にはしない。補助錠を付ける。

命に代わりはありません。男の子のご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました