芸能/news

楢崎智亜(クライミング)にメダル期待!出身校・経歴・彼女は?

2020年の東京オリンピックで新種目のスポーツクライミング。

スポーツクライミングは、高さ15mの壁を登る速さを競う「スピード」、高さ4mの壁を制限時間内にいくつ登れるのかを競う「ボルダリング」、制限時間内に15m以上の壁のどの地点まで登れるのかを競う「リード」の3種目の合計点を競う競技です。

日本ではあまり馴染みのある競技ではありませんが、実は「ボルダリング」は、日本は世界のトップクラスの実績を持っているんですよ!

なかでも楢崎智亜(ならさき・ともあ)さんは東京オリンピックでメダルを期待されている選手です!

今回は『楢崎智亜(クライミング)にメダル期待!出身校・経歴・彼女は?』というタイトルで、楢崎智亜さんについてご紹介したいと思います!

楢崎智亜(クライミング)はどんな人?

楢崎智亜のプロフィール

楢崎智亜(ならさき・ともあ)

  • 生年月日:1996年6月22日
  • 血液型:B型
  • 出身地:栃木県宇都宮市
  • 身長:170cm
  • 体重:60㎏
  • 趣味:釣り
  • 種目:スポーツクライミング、ロッククライミング
  • 所属:TEAM au

楢崎智亜の出身校

楢崎智亜さんは栃木県立宇都宮北高等学校の出身です。偏差値58の進学校です。

宇都宮北高校には山岳部が過去にあり、スポーツクライミング国際競技大会などの数々の大会に出場した実績があります。ですが、現在はなくなってしまっているようですね。

楢崎智亜さんが在学時代に山岳部があったかどうかは調べがつかなかったのでわかりませんが、おそらくすでになくなっていたものと思われます。

楢崎智亜さんは高校時代にはすでにスポーツクライミングの大会で多くの実績を残していましたので、部活動には所属していなかったかもしれませんね。

ですが、部活動への入部が必須の学校も少なくありません。楢崎智亜さんは数学と物理が得意だったそうですから、数楽同好会に所属していたのかもしれませんね!(偏見かもしれませんが、同好会は活動日数が少なそうなのでその分スポーツクライミングの練習に費やせそう…)

楢崎智亜の経歴

幼少期には器械体操をしていたそうですが、お兄さんの影響で10歳からクライミングをはじめたそうです。

ジュニア時代にはスポーツクライミングのなかでも「リード」という種目で、2012年ジュニアオリンピックカップ2位、2013年クライミング日本選手権2位という実績を残しています。

2015年にはボルダリングジャパンカップで3位(種目:ボルダリング)、クライミングアジアユース選手権プトラジャヤ大会でボルダリングで優勝・スピード3位入賞と、リード以外での種目でも頭角をあらわします。

2016年にはクライミング世界選手権パリ2016大会で優勝、クライミング・ワールドカップ2016でボルダリング年間優勝を果たし、つい先日、ボルダリングの今シーズンのワールドカップで2度目の総合優勝を果たしました。

まさに今注目の選手で、東京オリンピックでメダルを期待される選手です!

楢崎智亜の筋肉がすごい!

この投稿をInstagramで見る

another shot of @gqjapan

Tomoa Narasaki/楢崎智亜さん(@tomoa_narasaki)がシェアした投稿 –

楢崎智亜さんは爽やかイケメンでありながら筋肉がすごく、「フィジカルモンスター」と呼ばれるほどで、試合で結果を残すたびに女性ファンが増えているのだとか(笑)

細身でありながら付くところには筋肉がしっかり付いていて、なんと体脂肪率は2%!

相当ストイックに練習をされているのでしょうね…。

楢崎智亜は彼女持ち?!

イケメンで細マッチョで結果を残す有望な選手!とあれば女性ファンのみなさんは「彼女がいるのでは?!」と思うのではないでしょうか?

楢崎智亜さんは同じスポーツクライミング選手でTEAM au 所属の野口啓代さんと交際しているというウワサがありました。

野口啓代さんといえば、日本のボルダリング界をリードする選手で「クライミングの女王」と呼ばれていますよね。

野口啓代さんも美人ですから、二人並ぶと結構お似合いなのですが、お二人が交際しているという事実はないそうです。

まとめ

今回は『楢崎智亜(クライミング)にメダル期待!出身校・経歴・彼女は?』というタイトルで楢崎智亜さんをご紹介してきました。

楢崎智亜さんは世界中の大会で実績を残す、トップクライマーのひとりです。これからもクライミングをする爽やかでかっこいい姿で女性ファンを虜にすることでしょう(笑)

楢崎智亜さんの3歳年下の弟・明智(めいち)さんもクライミング選手で、智亜さんと優勝争いをするほどの選手ですので、東京オリンピックでは兄弟入賞!なんてこともあるかもしれませんね!

今回はこれで以上です。
今回もお読みいただきありがとうございました!