子育て

赤ちゃんがうんちを食べちゃった!対処法は?

赤ちゃんって、目を少し離しただけでどこにでも行くし、何でも口に入れてしまいます。普段から気を付けているつもりでも、行動範囲の広がった赤ちゃんは大人の想定外のところに手を伸ばすことができたりするのです。

今回は、『赤ちゃんがうんちを食べちゃった!対処法は?』というタイトルで、私自身の体験も含めながらご紹介していきたいと思います!

【体験】赤ちゃんがうんちを食べちゃった!

娘がそろそろ1歳になる、というときのことです。

少し目を離したすきに、娘がうんちを食べていたのです!

え?なんで?と思いましたが、思い返せば、おむつ替えをしたとき、うんちの匂いがなかったので「していないだろう」と思い、娘を立たせたままおむつをはずすと、はずしたおむつはなぜかうっすら茶色いのです。

うんちの固まりはなかったので、おならと一緒にちょっとだけでたのかな?と思っていたら、床にはうんちの固まりが2、3、落ちていました。

私が気付かなかっただけで、娘のお尻に固まりが張り付いていたのが床に落ちてしまっていたようでした。

きちんと掃除をしたつもりが、(床に敷いていたラグが焦げ茶色なので)見落としていたようなのです。

急いで娘からうんちを取り上げ、手と口を拭きましたが、娘の口の中には入っておらず、どれくらい食べたのか、そもそも食べていなくて舐めただけなのかもわからない状態でかなり焦りました。

幸い、娘の機嫌も体調も悪くなることはなかったので、結果的には大丈夫でした。

赤ちゃんが何でも口に入れちゃうのはどうして?

赤ちゃんが何でも口に入れてしまうので、ママやパパは困ることが多いですよね。

我が家の場合、スリッパやリモコン、スマートフォンは特に赤ちゃんに狙われやすいトップ3でした。夫のスマホは娘に唾液でデロデロにされて壊れてしまったこともありました。

でも、赤ちゃんはそうやっていろんなものを口に入れて、それがどんなものなのか確認するんだそうです。それは成長過程に必要なことなんですね。

とはいっても、いろんな雑菌がついていたりして気になったりもします。赤ちゃんの触れるものは都度除菌シートで拭いたり、除菌スプレーをしたりするママもいるのではないでしょうか?

でも、一番困って、一番心配なことは、赤ちゃんがものを誤って飲み込んでしまうことです。

赤ちゃんの誤飲

どんなに気を付けていても、赤ちゃんは大人の想定しないものや大人が思っているよりも大きいものを飲み込んでしまうことがあります。

年間6000件以上の時間外子ども電話相談を受けている病院のデータによると、相談の1番は、子どもの病気と手当(44.1%)、2番が誤飲(12.3%)と報告されています。

引用元:わんぱくキッズクリニック

年間6000件の12.3%というと738件。年間で738件。しかもこれが一つの病院のデータですから、赤ちゃんの誤飲事故は本当に多いんですね。

誤飲の対処法は?

赤ちゃんが誤って飲み込んでしまったものによって対処法は違うようです。

特に、毒性の強いものを誤飲していまった場合は家庭で対処するには誤った対処をしてしまう可能性があります。

んなときの相談窓口として、中毒110番があります。

ただ、中毒110番は毒性のないもの(ビー玉や小石など)に対する誤飲の相談は受け付けていないので、この場合はかかりつけの小児科に相談するのが良いようです。

誤飲をしないために気を付けることは?

赤ちゃんの誤飲で危険なのは1m以下のものなんだそうです。

伝い歩きが始まる生後11か月の赤ちゃんの平均身長は67.4~78.5cm(男女差や個人差はあります)だそうです。手を伸ばせば1mにも届きそうですね。

つまり、高さ1m以下の場所で誤飲が起こる可能性が高いということです。

また、赤ちゃんの口の大きさは乳児で直径3.2cm。3歳児で直径3.9cmだそうです。一般には、直径4㎝以下のものは赤ちゃんの近くに置かないようにと注意喚起がされていますね。

直径4㎝以下のものを高さ1m以下に置かないように気を付けましょう!!

赤ちゃんがうんちを食べてしまったときの対処法

赤ちゃんがうんちを食べてしまったとき、ものすごく焦りますよね。でも、かかりつけの小児科に相談しても、だいたいは「様子を見てください」と言われてしまうそうです。

赤ちゃんがうんちを食べてしまうことは、意外と多く、お医者さんから言わせてみれば「よくあること」なんだそうです。

赤ちゃんのうんちは大人が思っているよりも安全のようです。

でも、赤ちゃんが病気で下痢だったりした場合は注意が必要かもしれません。ウイルスを下痢で排出しているのに食べてしまってはまた摂取していることになりかねませんね。この場合はかかりつけの小児科を受診したほうが良いです。

だいたいの場合は問題ないので、湯冷ましやお茶を飲ませて様子をみます。うんちに異常があったり、赤ちゃんの体調が悪くなったりしたらかかりつけの小児科を受診しましょう。

まとめ

今回は、『赤ちゃんがうんちを食べちゃった!対処法は?』ということでご紹介してきました。

まとめると、

  • 赤ちゃんがうんちを食べるのはよくあること。
  • もし、赤ちゃんがうんちを食べてしまったら、湯冷ましやお茶を飲ませて様子を見ます。
  • ただし赤ちゃんが病気で下痢をしていた場合はすぐにかかりつけの小児科に相談しましょう。

という感じですね。

大事な我が子がうんちを食べたなんてかなりショックな出来事でしたが、何事もなくてよかったです。もしもみなさんのお子さんがうんちを食べてしまったときに参考になれば良いです。

うんちを食べないことが一番いいんですけどね!