暮らし

【0次の備え】外出中の最低限の防災グッズ!「防災ポーチ」の中身を公開

東日本大震災から8年が経ち、世の中の防災意識も高くなっているなぁと感じています。
当時高校生だった私は東日本大震災の影響をほとんど受けず、どこか他人事のように感じていました。

でも、大人になり、静岡にきて、結婚をして、子どもをもつ親になると、途端に「地震の恐ろしさ」について考えるようになりました。

静岡には海がありますから、なおさらです。

地震大国日本に住んでいる以上、いつ・どこで我が身に襲い掛かるかわかりません。
ということで。

普段から持ち歩いている私の防災ポーチを紹介します!

防災ポーチって?

防災というと、いざというとき持ち出せるリュックを準備したり、非常食・非常用トイレや懐中電灯などを準備すると思います。

これは、1次の備え・2次の備えという考え方になり、「防災ポーチ」は0次の備えにあたります。

  • 0次の備え…携帯用にコンパクトにまとめられた非常用品。
  • 1次の備え…いざというときに持って逃げられる非常持ち出し品。
  • 2次の備え…非常時に何日かは自給自足で生活できるだけの備蓄。

「防災ポーチ」をつくるメリット

①災害時に対応できる

最近では、最低限の物だけで生活する「ミニマリスト」が流行っていますね。
女性の間では「小さなバッグに最低限のアイテム」がファッション的に流行していたり。

男性も、出かけるときの持ち物は「財布とスマートフォンだけ」の方が多いのでは?

ですが、そのときに必要なものだけでは、急にやってくる災害には役に立ちません。

「防災」を意識するようになってからは、財布とスマートフォンだけで出かけることができなくなってしまいました。

②日常の急なアクシデントに対応できる

たとえば、「外出中に生理が来てしまった日に限って生理用品を持っていない」なんてことは、女性あるあるですよね?

そんなとき、防災ポーチに生理用ナプキンを1枚忍ばせておけば、とりあえずは事なきを得ることができます。

防災ポーチは災害時以外にも役に立つ、「お守り」のようなものなのです。

私の防災ポーチの中身

  1. ポーチ
  2. 歯ブラシセット
  3. スキンケアセット(1日分)
  4. コンパクトタオル
  5. 小銭
  6. 使い捨てカイロ
  7. 使い捨てマスク
  8. アルミ保温ブランケット
  9. 非常食(飴)
  10. ヘアゴム
  11. 生理用ナプキン
  12. ウェットティッシュ
  13. 非常用トイレ
  14. ソーイングセット
  15. 絆創膏・綿棒・薬用ハンドジェル

これだけ入れて、382グラム。一般に500グラム以下が負担にならない重さと言われているので、もう少し足してもいいのかな?という具合ですね。

私はこのほかに、ミニライトとホイッスルをバッグに付けています。

あとは、ハンカチ・ティッシュ・モバイルバッテリーは必ず持ち歩くようにしています。

さいごに

防災ポーチは、もともと持っていたものに「ちょい足し」することで簡単に・コンパクトにつくることができますよ!

ご紹介した防災グッズのほとんどは100均一でも手に入れることができるので、ぜひ防災ポーチをつくってみてください。

「備えあれば患いなし」ですよ!