暮らし

本物みたい!羊毛フェルト猫をつくる

羊毛フェルトはここまでリアルにつくることができるんです!

「賃貸だから猫が飼えない!」
「亡くなったペットが忘れられない(忘れたくない)」

いろんな思いがあると思いますが、羊毛フェルトで満たすことができるかも!?

今回はリアル羊毛フェルト猫をつくっていきます!

リアルな猫をつくりたい!材料は何がいる?

頭部の材料

  • ニードルわたわた (芯)
  • 羊毛 (植毛など)
  • キャッツアイ
Right Caption
阿部
「ニードルわたわた」は通常の羊毛よりもまとまりやすいので芯に最適!

胴体部分の材料

  • ニードルわたわた
  • 手芸綿 (肉付け用)
  • アルミワイヤー (2mm)
  • 毛糸 
  • 羊毛 (植毛など)

手芸綿は肉付け用です。手芸綿はニードルで刺し固めることができます。
本当はニードルわたわたでするところですが、ニードルわたわたがもったいないので(笑)
手芸綿の上にニードルわたわたを刺し付けて胴体をつくっていきます。
アルミワイヤーは骨組みに使います。
毛糸を巻き付けることで、手芸綿の付きを良くします。

さっそくつくっていきましょう!

顔の芯をつくる

ニードルわたわたが厚さが均一になるように折り込み、円形をイメージしながら直径6cmほどの大きさにまとめ、ニードルで刺し固めます。

Right Caption
阿部
最終的に直径5cmになればOK!
厚みは2cmくらいだよ
 
 

表面・側面を厚さが均等になるように刺してください。
硬さは硬めのマットレスくらいを目安にしてみてください。

Left Caption
かえるくん
結構硬めだね!

目のパーツをつける

さきほど作った芯に、中心をとるように十字線を引きます。

横線の左右1/4の位置に目打ちで穴をあけ、目のパーツを差し込みます。

口もと・まぶた・鼻をつくる

ニードルわたわたをひとつまみずつ、口もとに刺し付け、口もとを盛り上げます。

まぶたをつくります。
目のパーツを覆うようにニードルわたわたを乗せ、目のパーツを避けながら回りを刺し固めていきます。

鼻の位置に印をつけます。

ニードルわたわたを鼻のしたに刺し付け、さらに口もとを盛り上げます。
口の形をペンで描き、カットワークはさみで5mm程度切込みを入れます。
切込みに合わせてニードルで刺し付け、形を整えます。

目頭から鼻にかけて筋をつけます。
鼻に色を刺し付けます。
口もとには、ピンク色の羊毛を先に刺し付け、その上から白色の羊毛を刺し付けています。
黒い羊毛を一筋とり、目頭から順に羊毛を刺してアイラインをつけます。

今回はここまで!
次回は耳をつけていきます。

参考にした書籍は以下より

参考書

Hinali(@hinalifelt)さんの『うちのコにしたい!羊毛フェルト猫の作り方』

工程はもちろん、羊毛の刺し方・混ぜ方・植毛の仕方・骨組み・肉付けなどがわかりやすく解説されている本です!

ちなみに阿部の処女作はこちら↓

結婚式のウェルカムドールのために作りました。